人生の大切な日や普段とは違う自分を演出したいという時には、「ヘアメイクを派遣する」のもひとつの方法です。どのようなシーンでヘアメイクを派遣するのがおすすめなのか紹介します。

結婚式で自分に合ったヘアメイクをしてほしい

婚式や前撮りの写真でヘアメイクを依頼することがあります。結婚式場や写真館で提携しているヘアメイクアーティストもいますが、フリーランスのヘアメイクを依頼することもできます。結婚式場で提携しているヘアメイクさんは、結婚式場のスタッフや結婚式場が提携している美容サロンの美容師さんが担当することがほとんどです。

自分の憧れのヘアメイクアーティストや自分が通っているサロンの美容師にヘアメイクをお願いしたい場合には、結婚式場に持ち込みという形で依頼することができます。その場合には、ヘアメイク料金以外にも、結婚式場に支払う持ち込み料や控え室に別途料金がかかるという制限がある場合も。一生に一度の晴れ舞台だからこそこだわりたいという場合には、派遣でヘアメイクを依頼するのもおすすめです。

また結婚式をレストランやゲストハウスなど、こだわりの挙式をおこなう場合にもヘアメイクアップアーティストを依頼する方法があります。もともと結婚式専用ではない会場を使う場合には、提携している美容院やヘアメイクさんがいないケースも少なくありません。

ヘアメイクが所属するプロダクションや企業に問い合わせてヘアメイクアーティストを確保するか、ドレスを購入するショップやブライダル装花を扱っている花屋に依頼する方法があります。

リハーサルの時に、自分のドレスや会場のイメージを伝え、結婚式のテーマがある場合には、どのようなメイクにしたいのか伝えておくようにすることが大切です。なりたいメイクを依頼する時には、参考になるメイクや雰囲気がわかるものを提示することで、自分のイメージにより近いメイクを施してもらえます。

記念日をキレイな自分で過ごしたい

お見合いや結婚式に招待された時などは、いつもの自分のメイクでは華やかさに欠けるのでは?という人もいらっしゃるでしょう。自分らしさを最大限に引き出してもらえて、特別な日にふさわしいヘアメイクをしたいならヘアメイクを派遣する方法があります。

その日に着る予定の服装に合わせたヘアメイクをしてもらえるので、普段使わないメイク道具を購入することも必要ありません。

記念日の写真を撮りたい

結婚記念日や家族の誕生日、七五三、敬老の日など、家族の大切な記念日に写真を撮るという人もいらっしゃることでしょう。記念日に写真館で写真を撮るという場合、衣装も含めて写真館の美容スタッフが担当してもらえます。

写真館のかしこまった雰囲気ではなく、自宅やお気に入りの場所で記念撮影をしたい場合にも、ヘアメイクアーティストを派遣することができます。写真館に美容スタッフや提携サロンがない場合には、ヘアメイクの派遣を依頼することで、記念写真にふさわしい写真を撮ることができます。

フリーのカメラマンに写真撮影を依頼する時

フリーランスのカメラマンに写真撮影を依頼する時にも、ヘアメイクを派遣することができます。写真のシーンやシチュエーションに合わせたメイクを依頼することができます。

フリーのカメラマンから作品作りのために撮影を依頼された場合には、ヘアメイクを派遣することや料金はどちらが負担するのか事前に確認しておくことと打ち合わせの時にメイクを利用することやどのようなイメージにしたいのか意識をすり合わせておくことが大切です。

宣材写真を撮りたい

自営やフリーランスで働いている時には、HPやSNS、イベントなどで宣材写真が必要になることもあります。仕事風景や全身写真、バストアップ写真などを取ってもらう際に、自分の職業やパーソナルイメージに合わせたヘアメイクを施してもらうことで、より宣伝効果や信頼性、人柄をアピールすることができます。

介護現場でメイクを依頼したい

介護施設で利用者にメイクをして元気になってもらいたいという時には、ヘアメイクさんを派遣してもらうこともあります。メイクは介護施設の利用者さんに喜んでもらえるイベントとして人気があり、定期的に依頼する施設もあります。

もちろんボランティアに来てもらうこともあるかもしれませんが、プロに依頼したい、複数のヘアメイクさんに来てほしいという場合には、ヘアメイクさんが所属している企業に依頼するのが近道になります。

サロンでメイクも依頼したい

エステサロンや美容院で、お客さんをキレイにしたい時にヘアメイクの派遣を依頼することで、トータルビューティを演出することも可能になります。美容院ではメイクアップも美容師が施術することもできますが、混雑する場合や分業したい場合には、必要に応じてメイクをプロダクションや企業に派遣してきてもらうこともできます。

エステサロンでは、全身のほかにもフェイストリートメントの施術をおこなうこともあるでしょう。お客さんがサロンでの施術後、きれいにヘアやメイクをセットしてもらえると満足度も高まります。

自分が顧客の立場で美容サロンにヘアメイクさんを呼んできてもらう場合には、あらかじめ美容院にヘアメイクさんを呼んでも良いか、目的や時間、スケジュールなどの確認をすることやサロンによっては別途料金が必要になることもあるので注意が必要です。

メイクの仕方がわからない時に

自分のメイクの仕方がわからない、トレンドメイクをどのようにメイクしたらよいかわからないという場合には、自宅にヘアメイクさんの派遣を依頼して、メイクレッスンを受けることもできます。自分に合ったメイクの仕方や、色の選び方などを聞くほかにも、メイクショップに一緒に行ってもらい、自分に必要なメイク用品を一緒に選んでもらうこともできます。

スキンケアやベースメイク、ポイントメイクも、ひとつのブランドにこだわらず、予算やニーズに合わせたチョイスをしてもらえるので、自分にあったメイクやケアの方法がわかるようになります。

ヘアメイクの派遣を依頼する時に注意すること

ヘアメイクの派遣をする時には、料金や自分に似合うメイクをしてもらえるか確認しておく必要があります。

①料金

ヘアメイクを派遣で依頼する時には、1時間あたりのメイク料金を確認しておくことや、イベントの場合には、準備から後片付けまでの時間を考慮したスケジュールで依頼することが大切です。イベント会場などを利用する場合には、控え室の料金や交通費などが必要になる場合があります。

②メイクイメージを上手に伝える

フリーランスのヘアメイクアップアーティストの場合、作品の写真をHPなどに掲載していることがありますので、自分に似合うイメージを作ってもらえるヘアメイクさんを探すことがポイントです。

ヘアメイクを依頼するプロダクションや企業の場合には、どのようなシーンでメイクを依頼したいのか、なりたいイメージがどのような形なのか伝えるために、雑誌やイメージがわかる写真や当日着用する服や髪飾りを見せるなどして、あらかじめなりたい自分のイメージを伝えるようにしましょう。

肌が弱い、触れてほしくない部分や特別なケアが必要な部分(手術痕や傷)がある場合などは、ヘアメイクに来てもらう前に伝えておくことで、メイクさんがメイクに必要なアイテムや道具を準備しやすくなります。

なりたい自分になるためにヘアメイクを派遣で!

特別な日や記念日、イベントだけではなく自分のメイクレッスンを受けたい時にもヘアメイクさんを派遣することで、プロの技術でキレイになることができますよ。自分で振るメイク道具を購入する金額を考えると、依頼する方がコストを抑えられることもあります。なにより特別な日だからプロに自分の良さを引き出してもらうことで、より素敵な一日を贈ることができますよ。